からだを作るのは食である。未来のために有機野菜を。

有機野菜 For 未来の私たち

ブログ

珈琲に含まれる「カフェイン」「ポリフェノール」

投稿日:2020年6月1日 更新日:

珈琲にふくまれるカフェインが、眼向け覚まし的なサプリとして、徹夜作業には欠かせない人々は多いのではないでしょうか。カフェインは、ほんの少しの量を摂取しただけで、眠れなくなってしまう人もいれば、1日に珈琲カップ5杯以上を飲んでも、熟睡できる人など、カフェインを摂取した際に、現れる症状は、個人差がとても大きい成分です。眠気覚ましなどに多く用いられますが、医学研究の分野では、珈琲を一定量摂取する事で、糖尿病のリスクが低下したり、直腸ガンのリスクが減少したりするような結果が出ているようです。その他にも、胆石症、身体的疾患、精神疾患など、様々な疾患リスクとカフェイン摂取との関連性を、研究し実際に調査を行ったようなレポートが多方面から報告されているようです。カフェインは、年齢や体質によって、その作用を感じる個人差がありますので、幼児や小児などの摂取は、基本NGとされているようです。現在では、世界各地で嗜好されていますが、日本に珈琲が伝わったのは、江戸時代頃ではないかと言われています。何よりも珈琲は、独特な香りが特徴であるのですが、ほろ苦い苦みが苦手な方は、お砂糖やミルクを入れることでよりマイルドな、カフェラテやカプチーノなどとして楽しむ事ができる、バリエーション豊富な飲み物です。珈琲に含まれるカフェインやポリフェノールを味方につけて、健康モードで頑張りましょう。

-ブログ

Copyright© 有機野菜 For 未来の私たち , 2020 All Rights Reserved.