からだを作るのは食である。未来のために有機野菜を。

有機野菜 For 未来の私たち

ブログ

野菜の育つ環境の違い

投稿日:2021年2月1日 更新日:

郊外へドライブへ行くと道の駅などでみかける「露地栽培(ろじさいばい)」のお野菜は、いったい一般的なお野菜とどこが異なるのでしょうか。露地栽培のお野菜は、屋外の畑で自然の気候のもとに栽培されたお野菜であるようです。露地栽培とは対照的な栽培方法をハウス栽培などと呼び、安定的に温度管理されたビニールハウス内でお野菜などを育てることを言うようです。ハウス栽培の利点は、ビニールシートに覆われたハウスの中での栽培となるので害虫や病気などを外気からシャットアウトできることや、温度を一定に保つことが出来るので、通常の露地栽培での収穫シーズンをずらすことが出来る点などがあげられるとのことでした。最近では、お野菜の水耕栽培なども行われているようですので、農作物を購入する際には、どのような環境で育てられた作物であるのかを確認してから購入を考えるのも消費者の賢い選択となりそうです。露地栽培・ハウス栽培・水耕栽培など、野菜の育てられた環境の違いは、野菜の品質や味も影響がありそうです。

-ブログ

Copyright© 有機野菜 For 未来の私たち , 2021 All Rights Reserved.