からだを作るのは食である。未来のために有機野菜を。

有機野菜 For 未来の私たち

ブログ

セロリ

投稿日:2020年11月1日 更新日:

ヨーロッパ原産の淡色野菜でビタミンや葉酸、ポリフェノールや食物繊維を多く含んでいます。セロリを苦手とする人が多い理由の一つに独特な香りがあるかと思いますが、この香り成分の中でもアピインやアピオールという成分はイライラを抑える精神安定の効果があります。また古くから臭みを防ぐために使用され、スープなどの煮込み料理にブーケガルニとして入れられます。他にも香り成分のモノテルペン類は神経系を調える鎮静効果を持っており、神経過敏症や不眠症などの際に利用することができます。そして鎮静作用以外にも抗菌・抗ウイルス作用、抗炎症作用も持っているとても高機能な野菜です。特に茎の部分にはポリフェノールの一種であるピラジンが多く含まれており、血液の流れを良くしたり、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の低下などに効果があります。葉の部分には整腸作用や利尿作用なども効果があります。お風呂に入れることでセロリの精油成分が血液循環を良くするので、肩凝りや疲労回復に効果があります。種子は尿量を増やす作用を持っていて、尿酸排出に役立つため痛風予防のサプリメントとして海外で利用されています。しかし、この種から生成された油は子宮を刺激する作用も持っているため、流産・早産の危険性が高まります。妊娠中の場合セロリの摂取には注意が必要です。また少量ですがソラレンという物質を含んでおり、保存状態を悪くすると増えてしまいます。このソラレンは体内のDNAや細胞組織を傷付けてしまうので、過敏な人は皮膚の接触で水疱性の炎症を引き起こしてしまう場合があります。他にもセロリを摂取することで紫外線の影響を皮膚が受け易くなる場合がありますので、気を付けて摂取する必要があります。

-ブログ

Copyright© 有機野菜 For 未来の私たち , 2020 All Rights Reserved.